白髪染めに関する情報サイト!

白髪ができる原因とは?

年齢を重ねると、肌だけでなく髪も老化していきますね。白髪が目立ってくると、実年齢よりも老けて見られることがあります。男性ならそれほど気にしないとう方がいらっしゃいますが、女性の場合は誰でも白髪が気になりますね。女性は何歳になってもきれいでいたいものです。
また、日本人を含め東洋人は黒髪ですから、欧米人よりも白髪が目立ってしまいます。黒髪に白髪があると、くっきり浮き出てしまいますから、日本人にとって白髪染めは欠かせないものとなっています。

 

それにしても、なぜ黒髪が白くなっていくのでしょうか?
白髪ができる原因は、老化によるものだけとは限りません。若白髪と言われる、年齢が若いうちから白髪が目立ってしまう方もいらっしゃいますし、精神的に悩みがあると数日間で白髪が増えてしまうという例もあります。
しかし、一般的な理由としては、やはり老化によるものが一番多いと言えるでしょう。人は年齢を重ねると、髪の毛の色素を作り出すシロチナーゼという酵素の作用が低下してしまいます。これによって黒髪を作り出す働きが弱くなり、白髪になってしまうのです。白髪といえば50代や60代というイメージがありますが、実はシロチナーゼの作用が低下するのは35歳前後からと言われています。自分では気が付かなくても、少しずつ白髪が増えているんですね。

 

また、老化以外の原因で白髪ができる理由としては、遺伝が考えられます。白髪と遺伝の因果関係は医学的に証明されているわけではありませんんが、白髪の方は親も白髪が多いという話はよく耳にしますね。
しかし、最も多い原因としては日頃のストレスの積み重ねや栄養不足が考えられます。
髪にとって欠かせない成分であるアミノ酸は、メラニン色素の元となるチロシンから出来ています。健康な髪を作り出す栄養素となるのが、アミノ酸やビタミン、ミネラルですから、これらの栄養素が十分に補給されないと、黒髪が作り出せずに白髪になってしまうというわけです。
特に女性は、ストレスを抱え込む傾向にあります。家庭を持っている方なら、家事や育児だけでなく仕事もしているという方がほとんどではないでしょうか?疲れやストレスが積み重なると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。ホルモバランスが崩れることによって、白髪が増える原因となってしまうのです。

メニュー